発毛促進をするために髪に良い治療を取り入れていく

紫外線も影響

地球上の緑が減って排気ガスなどの量が増えていることから地球温暖化が進んでいます。
年々気温が上昇しており、夏場になると40℃を超えてしまうところもあります。
紫外線の量が強いと日射病になってしまい、人によっては命に関わる危険な状態になることもあります。
浴び続けると肌にはシミやそばかすなどの問題になってしまい、一度できると改善するのが難しいです。
また人間の身体の中でも頭皮は一番紫外線の影響を受けやすい場所です。
短時間ならあまり問題視することはありませんが、日中ずっと紫外線を浴び続けていると発毛に影響が出てしまいます。
過剰に紫外線を浴び続けていることから発毛促進ができなくなり、抜け毛や薄毛のトラブルになりやすいです。
また紫外線対策のために帽子をかぶっている人も多いですが、頭皮は汗をかくので帽子の中に雑菌が繁殖してしまいます。
帽子を被ることで紫外線対策をすることができますが、通気性の良いものなら雑菌の繁殖を防ぐことができます。

発毛促進のために紫外線を浴びると良い影響を与えますが、長時間は身体に有害なので気をつける必要があります。
頭皮に汗をかいたときにはそのままにしていると雑菌が増えてしまいます。
そのため普段からタオルなどを持参しておくと、雑菌によって発毛促進を阻害することもないので安心できます。
身近でできる紫外線の対策法としてはUVクリームを塗る、日傘を差す、帽子を被るなどの方法があります。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013